経皮的椎体形成術(BKP)

診療科/部署のご案内

鳥のイラスト
  1. HOME
  2. 診療科/部署のご案内
  3. 脊椎脊髄外科センター
  4. 経皮的椎体形成術(BKP)
十字のアイコン

経皮的椎体形成術(BKP)

Balloon Kyphoplasty (BKP:経皮的椎体形成術)

脊椎圧迫骨折や転移性脊椎腫瘍による病的骨折に対して世界中で行われている低侵襲経皮的椎体形成術の1手術法です。

高齢者の背骨は骨粗鬆症のため弱くなっているので、無理な姿勢や軽微な外傷でつぶれ圧迫骨折が発生します。圧迫骨折が生じると強い腰や背中の痛みが起こり長期間の安静を余儀なくされます。背骨の骨折が治癒せず、大きく曲がってしまうことも多くあります(「偽関節」といいます)。従来は長期間の臥床やコルセット治療を行う必要がありましたが、最近では特殊な手術器具と医療用セメントを用いて体の負担なく圧迫骨折を治す事が可能となりました。

経皮的椎体形成術

皮膚から針を挿入し、風船(Balloon)を骨折した骨の中で膨らせた後、セメントを充填して曲がった背骨を矯正する(後弯形成Kypho-Plasty)手術は専門用語で椎体形成術(BKP)と呼ばれます。この治療はこれまで自由診療や先進医療として行なわれてきた手術ですが、安全性と有効性がさらに高まった形で保険適応となりました。

経皮的椎体形成術

骨折した背骨の中で風船を膨らませスペースを確保し、非常に粘度の高いセメントを"置いてくる"ように注入するこの手術は、血管へのセメント漏出などの合併症が極めて少なく、手術直後から劇的に痛みが改善するのが特長です。

BKP手術はすべての圧迫骨折に対して施行できるわけではありません。
骨脆弱性が著明な圧迫骨折や背骨が大きくつぶれて扁平化してしまっている場合、神経を圧迫している場合は施行できません。また、手術直後より痛みは改善しますが骨粗鬆症の背骨は治ったわけではなく、他の椎体に続発する圧迫骨折をいかに防ぐかが今後の課題となっています。

経皮的椎体形成術

全身麻酔下で背中に約5㎜の切開を2ヶ所加え細い針を骨折椎体に挿入します。その針を介して風船(Balloon)を骨折椎体内に設置し、ゆっくりと潰れた骨を整復・復元します。 整復後に除去した風船のスペースにPMMAセメント(人工骨)を注入して、骨折を人工的に接合します。
原則、手術翌日より起立・歩行を開始します。入院期間は最短で約7日程度ですが、病態により異なります。また、手術後はコルセットを装着します。

平成24年の保険診療改正により、BKP手術は「経皮的椎体形成術」として正式な手術として認められました。当院でも症例によってはBKPを導入しています。BKPの手術は認定資格が必要で、認定病院での手術実習を受講し、試験に合格した医師のみが施行できます。
当院では本手術が施行可能ですので、圧迫骨折による腰や背中の痛みにお悩みの患者さまは担当医にご相談ください。

経皮的椎体形成術