手術療法

診療科/部署のご案内

鳥のイラスト
  1. HOME
  2. 診療科/部署のご案内
  3. 脊椎脊髄外科センター
  4. 手術療法
十字のアイコン

手術療法

手術療法

手術は最先端の手術器械、顕微鏡や内視鏡を駆使し、安全で安心できる低侵襲手術を行います。多くの低侵襲手術では、翌日にはベッドサイドで座位、立位練習を始め、2-3日で院内歩行を行います。入院期間は通常は術後2-3週間をめどとします。

低侵襲手術とは、簡単にいえば「体に優しい手術」とか「小さな切開で行う手術」です。手術で主に用いられるのは高解像力で明るい顕微鏡および脊椎内視鏡です。これらを用いた代表的な手術について紹介します。

顕微鏡下手術

顕微鏡手術の利点として、最低限の皮切、明るく拡大された視野、正確な病変の確認、神経根と椎間板の識別、静脈叢からの出血コントロールなどから、結果として早期離床、早期退院が実現できることです。早期離床は患者さま、家族への精神的・身体的な負担を軽減し、看護面での負担も軽減され、また医療経済面からも歓迎されます。

手術は術者およびナース、麻酔科などの医療スタッフが、明るく拡大された顕微鏡とモニター画面をみながら医療チームとして行えるので、手術を安全に進めることができます。

顕微鏡下手術

顕微鏡下頸椎手術

顕微鏡下で行われた頚椎の前方固定・後方除圧手術です。術前(左)・術後(右)のMRI(横からみた画像)所見。術前、前方から強く圧迫を受けていた脊髄は、術後には良好に除圧され髄液もよく通っています。

顕微鏡下頸椎手術

顕微鏡下腰椎手術(1)

主に多椎間の脊柱管狭窄症に対して、腰椎の後方から筋肉を傷つけずに棘突起を正中で縦に割って展開します。神経を圧迫していた骨、靭帯などを除去し、再び棘突起を寄せて終了します。

顕微鏡下腰椎手術(1)

93歳の患者さまです。
術前、L3/4/5を中心に強い狭窄が認められましたが、術後、十分に圧迫がとれ元気に歩けるようになりました。

93歳の患者さまです。

顕微鏡下腰椎手術(2)

筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術 MILD法

顕微鏡下腰椎手術(2)

主に1-2椎間の腰部脊柱管狭窄症や困難な椎間板ヘルニアに対して筋肉、靭帯を最大限に温存できる手術です。小さな正中の皮膚切開で入り、棘突起間から進入し、高性能の顕微鏡下に神経を圧迫している骨や靭帯を安全に取り除く方法です。

顕微鏡下腰椎手術(2)

腰椎内視鏡下手術

主に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄に対して小さな皮膚切開から直径16mmの内視鏡専用の筒を患部に挿入し、その筒の中に内視鏡と手術器具を入れ、テレビモニターで大きく拡大して観察しながら手術操作を行います。筋肉や軟部組織を傷めにくいので、術後の痛みの軽減や入院期間の短縮、早期の職場復帰に有利です。実際に、多くの例で術後10日程度で退院が可能です。

腰椎内視鏡下手術